空き家を所有しているデメリット | 実際に家を売る時困った3つの事

By | 2013/12/19

空家のデメリット別の記事で、将来のビジョンがなく土地を所有しているだけでは、デメリットが沢山あるというお話をしました。今回は、空き家を持ち続けているメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

1・いつでもその空き家に戻ることが出来る
2・不動産を所有している(2013年現在ではデメリット)
3・更地で所有するより空き家でも建物が建っているので固定資産税が1/6ですむ。

デメリット
1・草むしりや換気、補修工事等の定期的なメンテナンスが必要(月2万円弱)
2・防犯上の危険がある
3・管理してくれる管理会社への管理料や税金等の維持費がかかる。
4・倒壊の恐れや防犯上の問題で近隣からクレームになる

もちろん、「将来別荘にする」や「親族へ相続する」等、明確な理由があれば別ですが、「良くわからないから所有している」という所有の仕方はもったいないと専門家は言います。

そして現在の税制では、固定資産税の額が「更地」と「空き家」では空き家の方が6倍安いとの事。ですので、もう誰も住めなくなっている空き家でも、倒壊の恐れがあっても、そのままにしておくというケースが多いそうです。

ですが、固定資産税が1/6と言っても払い続けている訳ですから、有益に活用しているとは言いにくい状態ですよね。

ですので、別の章でもお話しましたが、「売る」「貸す」という選択が有効です。
(将来に不動産活用のビジョンがある方は別です)

とりあえず複数の不動産業者にその空き家がいくら位で売れるのか位は査定してもらっておいて損はないと思います。無料ですし。その査定金額を元に、気に入った不動産屋がいれば、相談してみるのがいいと思います。現在の市場状況や、不動産活用法など、所有している不動産に応じて適切に行ってくれますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です