一年でベストな売却時期はいつ? | 家を売るとき困った3つの事

By | 2014/10/07

一年で一番不動産売却にベストな時期はいつ?

家を売る不動産売却はタイミングが重要です。競争相手が多ければそれだけ自分の売却した不動産が選ばれない可能性が高まりますし、買い手が少ない時期だといつまで経っても買い手が表れなくなります。さらに一年の間に不動産を購入する方が増える時期は変わってくるので、手持ちの不動産を売却したい時は一番買い手が多く表れる時期を狙って売却出来るように手続を進めていきましょう。

1月〜3月と9月〜11月

不動産を売却するのに最も適切といわれているのが春先の1月から3月、秋口の9月から11月と言われています。1月から3月は新年度に向けて準備を進める時期で、新生活を始めるために新居を探しているという方が多く、秋口は年末年始は新居で過ごしたいという方の需要が高まるため、不動産の買い手が特に多く表れます。最近はインターネットの普及によって一年を通して買い手が表れるようになってきていますが、それでも時期の違いは表れてくるので、出来れば売却時期はタイミングをしっかり測りましょう。

消費税や周辺情報もチェック!

不動産を売却する際は一年以上先の事も考えることも重要です。特に今の時期だと消費税率の変動が近々起こることが予想されていますが、税率の変更が発表される時期は駆け込み需要が増大することが多いので、まだ消費税率が低い今のうちに売却したほうが買い手が表れやすいかもしれませんし、所有している不動産があるエリアに不動産の価値が上がる何かが出来る可能性もゼロではないので、そうした兆候が無いかどうか常に気を配るようにしましょう。

まとめ

年間の不動産売却時期は1月から3月、9月から11月がベスト。場合によっては他の要因で需要がアップすることもあるので、そうした兆候が無いかは常に気を配るようにすること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です