どんな専門家が必要? | 実際に家を売る時困った3つの事

By | 2014/01/08

家を売る時には専門家の人達が必要になります。

自分で売る時も例外ではありません。家を自分で売る事は出来る?

1・売主と買主

売主と買主は当然関わります。

2・媒介業者(不動産会社)

仲介業者を通さない場合はトラブルの観点から今はほとんどありません。

3・金融機関

買主側のローン提携金融機関と、売主側のローン提携金融機関双方が関係してきます。

4.司法書士

登記申請をしてもらいます。

5・隣地の所有者

境界線の確認や共同スペースがある場合等に確認します。

6・法務局

売買後の所有権移転登記や権利関係の調査を行います。

ここで挙げただけでもこれだけの機関や人達が関わります。

仲介手数料をケチって、自分で行おうとするとこんなに沢山の手続きを自分一人でトラブル込みで行わなければならないという事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です