不動産競売とは?まだ手はあります | 実際に家を売る時困った3つの事

By | 2013/12/25

家の競売価格不動産競売とは、家のローンなどを6ヶ月程滞納すると、裁判所の管理下で強制的に売却して、その売却金をローンに当てるという競売の準備をしますという連絡がきます。ローン債務者(家を購入した方)が支払う力が無いと判断された場合、裁判所から封書が届きます。最近の傾向では、4〜6ヶ月ローンを滞納するとこの封書が届くそうです。その後何もせずにいると、最短で4ヶ月後には家を強制的に安い金額で売却されてしまい、こちらにあまりメリットが残りません。

・相場よりも格段に安い金額で売却されてしまう。
・その為、住宅ローンに当てる金額も少なく、家も無くなる上にローンも沢山残る。
・競売にかかると、その家が競売にかかる事が世間に知れてしまう。

あまりメリットが無い不動産競売ですが、この封書が届いてからでもまだ手はあります。(本当はこれが届く前の方が準備期間が長くなり有利なんですが)

家を任意売却で売る事によって、不動産競売よりも高い金額で家を売る事可能性が高くなります。これは、普通に不動産屋で家を売る方法と変わらないので、プライバシーも守られますし、ローン残高も少なくなるというメリットが大きいのです。何も方法が無いと思わず、一括査定で家を査定して、その中で見つけた優良な不動産屋に相談しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です