ブラジルの住宅事情

By | 2013/12/22

ブラジル家ブラジルの家は家の中を土足だそうです、日系ブラジル人の方は日本の習慣が好きらしく、土足厳禁なんだそうです。そして、一年をとおして温かいブラジルで重視される家の条件は風通し。湿度の低いブラジルでは、風通しが良くて屋根がついていれば快適なんだそうです。しかし、冬は寒いらしく暖房器具が少なく、風通しが良いので困るそうです。家の構造はレンガ造り。アパートの支柱も木だそうです。地震がないので大丈夫だとか・・・。

ブラジルのマンションは高騰を続けているそうで、資産価値のあるマンションを購入して将来の資産にする考えが一般的なんだそうです。アメリカやオーストラリアと同じですね。日本はそんな時代は終わってしまいました。

ブラジルと言えばサッカーやリオのカーニバルが浮かんできますが、治安が世界一悪い事でも有名ですよね。やはり一軒家を敬遠する動きが都市部にはあるらしく、24時間警備がいるマンションが人気だそうです。マンションの1階部分に24時間警備がいれば安心ですもんね。周囲にも監視カメラが常時周りを撮っていて、一階にいる警備も、身分がはっきりしないものは門を開けないという徹底ぶりだそうです。大変頼もしいですが、この街に住むこと自体少しこわい気がしてきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です